ギフトにもぴったりのファッションアイテムを豊富に展開。 「クリスマス送料無料キャンペーン」開催!

0

     

     

    12月6日(金)から12月25日(水)まで、gravitationオンラインストア「クリスマス送料無料キャンペーン」を開催します!

     

    通常は1万円以上のお買物が送料無料の対象ですが、キャンペーン中は一律送料が無料となります。Tシャツ1着のお買い上げでも送料がかかりません。

     

    最短2クリックでご注文が完結する「Amazon Pay」での決済が新たに加わり、ますます便利にお買物ができるようになりました。

     

    Tシャツからアウターまで、サッカー好きへのギフトにもぴったりのアイテムを豊富に取り揃えた<gravitationオンラインストア>をぜひご利用ください!!

     

     

     

    ★サッカーとファンションを愛するあなたへ。今なら送料無料!!

    ⇒ www.gravitation.jp


    [ACL2019 決勝戦]浦和レッズvsアルヒラルを観戦してきました。

    0

       

       

      浦和にとって2年ぶり、そして通算3度目のアジアタイトルが懸かった運命の一戦を埼玉スタジアムで観戦しました!

       

      アウェイ サウジアラビアで行われた1stレグの結果は0-1。

      それを踏まえての浦和の戦い方は、まずは絶対に失点しないこと。そして90分間をフルに使って1点を奪い、イーブンな状況に持っていくこと。

      ホームのアドバンテージを活かして、延長戦も視野に入れた戦いの中で、2点目を奪えればOK。

      …そんな状況整理と自分なりのゲームプランを思い描きながら、スタジアムへの道中を急ぎました。

       

       

       

       

      ファイナルならではの独特の空気感がたまりません

       

       

       

      サウジアラビアからも多くのサポが駆けつけ声援を送りました

       

       

      スタジアム周辺はものすごい人。最近の浦和の試合の観客数は3万人ぐらいが平均となっていますが、さすがにこの試合のチケットは完売でスタジアムは満員でした。

      そして驚いたのはアルヒラルサポーターの多さです。

      この試合のためにサウジアラビアの皇太子がチャーター機4台を用意したという話をネットで見ましたが、それが事実であることが確認できました。

       

       

      感動すら覚える素晴らしいビジュアルで選手をサポート

       

       

      運命のキックオフ。

      両者とも慎重な立ち上がりとなりましたが、徐々に展開はアルヒラルのペースに。

      浦和は橋岡と関根がシュートを放つシーンがありましたが、どちらも得点には至らず。それ以外は多くのピンチにさらされ、守勢に回る時間帯が続きました。

      それでも相手の猛攻に耐え続け、前半を0-0で折り返しました。

       

       

      後半になっても浦和が守備に追われる苦しい状況は変わらず。

      後方でしかボールが回らず、攻撃の糸口を見出せぬまま、時間がじりじりと経過して行きました。

       

      何とか1点を取るべく、長澤、ファブリシオに替えて送り込まれたのは、長期離脱から復帰したばかりの柏木陽介と、シーズンを通じて結果を出せていない杉本健勇。

      試合の流れを変えられる攻撃的なプレイヤーがベンチに控えていないのも今の浦和の苦しいところで、やはり事態は好転しませんでした。

       

      そして後半29分、浦和を絶望の淵に突き落とすアルヒラルのアウェイゴールが決まってしまいました。

      左サイドで関根がぶっちぎられピッチに倒れ込んだ姿は、相手とのチカラの差を象徴しているかのようで、深く印象に刻まれました。

       

      さらにロスタイムにダメ押しの2点目を決められてしまう。

      すると周囲の観客たちが一斉に席を立ち、ゾロゾロと帰り始めました。

      こういった試合なので、レジャーとして観戦に来ている人が多いのは仕方ないでしょうが、その光景はいちサッカーファンとして、とても胸が痛むものでした。。

       

       

      試合はそのまま0-2で終了。

      トータルスコア0-3でアルヒラルが完全勝利。見事アジア王者の栄冠を手にしました。

       

       

       

      アルヒラルは12月開催のクラブワールドカップ出場権を獲得

       

       

       

      歓喜に沸くアルヒラルサポに対して浦和サポは拍手を送りました

       

       

      スタジアムのゲートを出て、広場まで来ると、そこかしこでアルヒラルサポーターと浦和サポーターたちが、お互いの健闘を称え合い交流している姿を目にしました。

       

      やっぱりACLはいいなぁ。と思いながらそんな光景を眺めていたら、なぜか無性にビールが飲みたくなったので(普段はスタジアムやその周辺で飲む習慣がないのですが)素直に本能に従いました(笑)。

      ベンチに腰掛け、長かったこれまでの戦いや、今年のいちばんの思い出となっているブリーラムへの遠征のことなどを思い起こしながら、ゆっくりと味わったその一杯は格別の味でした。

      人の波が引き、広場の屋台が撤収を始めた頃、浦和美園駅へと歩き始めました。


       

      残念ながら優勝を逃した浦和ですが、アジア2位は胸を張れる素晴らしい成績です。

      グループリーグからトーナメントのファイナルまで、ACLの全ての試合を戦い抜き、サポーターをここまで連れてきてくれた選手、クラブスタッフたちには心から感謝を述べたいと思います。

      シーズンを通してACLのゲームはどれも痺れる内容で本当に楽しかった!

       

      そして浦和にはプライドを懸けた真剣勝負がまだ残っています。

      J1残留を争うリーグ残り2試合は間違いなく熱い戦いになるはず。

      こちらも楽しみで仕方ありません!!

       

       

       

      ★サッカーとファッションを愛するあなたへ!

       


      高い機能性を誇りサッカー観戦での着用にも最適。『gravitation シェルパーカー』発売!

      0

         

         

         

        様々な条件で着こなせる抜群の汎用性を誇るフード付きアウターが新登場!!

         

        防風性とはっ水性を兼ね備えたポリエステルシェル素材を使用しており、パリッとした生地感が特徴的です。

         

        アウトドア系にカテゴライズされるアイテムですが、その機能性の高さから、スタジアム観戦用としても活躍しそう。

        寒さが苦手な私としましては、首周りがしっかり保護できるのが大きなポイントだと思っています(笑)。

        見た目以上に収納力のあるポケットも大変便利です。

         

        シンプルでありながらエッジの効いたグラフィックもgravitationならでは。街中でもファッショナブルに着こなせますよ!

         

         

        ★『gravitation シェルパーカー』

        ネイビー

        ⇒ https://www.gravitation.jp/?pid=146871448

         

        ★『gravitation シェルパーカー』

        ブラック

        ⇒ https://www.gravitation.jp/?pid=146871411

         


        サッカー&ファッション | gravitationオンラインストアに「Amazon Pay」導入!!

        0

           

           

          オフィシャルロゴを入れ込んだイメージ画像を作ったところ、Amazonの広告みたいになってしまいましたが(笑)、gravitationオンラインストアの決済手段に、新たに「Amazon Pay」が加わりました!!

           

          Amazonアカウントをお持ちなら、支払い情報の登録や住所入力は省略され、お客様は既存のアカウントでログインするだけで手軽に商品の購入ができます。

          最短2クリックでご注文が完了しますので大変便利です。

           

          クレジットカード払い、代金引換と併せて、ぜひご活用ください!

           

           

           

          ★サッカーとファッションを愛するあなたへ!

          https://www.gravitation.jp

           


          タウンユースにもスポーツにも快適な高機能アイテム『ドライ スウェットジップパーカー』発売!

          0

             

             

            普段使いやサッカー観戦用、さらにはスポーツにも快適なドライスウェットパーカーが新登場!

             

            ブランドロゴを基調としたプリントはシンプルかつクール。

            ジップラインやパイピングのディティールも大きなアクセントとなっています。

             

            張りのある質感を持つストレッチ素材は動きやすさ抜群。

            加えて吸汗速乾性にも優れており、スタイリッシュでありながらも機能性の高さが光ります。

             

            様々なシーンで活躍すること間違いなし!

            ぜひ手元に置いていただきたいマストアイテムです!!

             

             

            ★『ドライスウェット ジップパーカー』

            ブラック

            https://www.gravitation.jp/?pid=146261351

             

            ★『ドライスウェット ジップパーカー』

            モクグレー

            https://www.gravitation.jp/?pid=146261390

             

             


            [FIFAワールドカップアジア2次予選]日本代表 vs モンゴル代表 を観戦しました!

            0

              先月より始まったカタールを目指す戦い!

              日本代表のワールドカップ予選 最初のホームゲームを昨夜、埼玉スタジアムで観戦してきました。

               

               

              来場者数はギリギリ4万人超え。W杯予選にしては少ないですね。。

               

               

              今回は「バックアッパー 自由」という席種のチケットを購入していたため、早めにスタジアムに足を運んだのですが、けっこう空席だらけで拍子抜けしました。

              キックオフの時間になっても座席は埋まらず、何だかさびしい感じ。。

              相手が格下のモンゴルだからなのか? もしくは他のスポーツが盛り上がりを見せている中、サッカーの代表戦があることが、いまいち世間に伝わっていないのか?? 理由ははっきりと分かりませんが、サッカー人気が落ちているのでは???と心配になる光景でした。

               

               

               

              圧倒的に日本がボールを支配。ほぼハーフコートゲームでした。

               

               

              さて、試合は90分間、一方的な日本ペース。

              モンゴルのチカラがどれくらいなのか謎でしたが、日本代表との実力差は想像以上に大きいものでした。

               

              試合開始から攻勢に出た日本は、サイドから工夫のないクロスをひたすら放り込んできましたが、それが簡単に得点に繋がると、その後は、なし崩しにゴールを重ね、終わってみれば6得点。

               

              試合前は大迫のバックアップの事や、中島、南野、堂安に続く攻撃的プレイヤーの発掘などの課題に注目していましたが、もはや相手が弱すぎて何も参考にならずといった感じでした。。

               

               

               

              少数ながら懸命に声援を送ったモンゴルのサポーター。ゴール裏のアウェイ席には朝青龍さんの姿も。

               

               

              正直、退屈なゲームでしたが、結果が全てのW杯予選。

              エンターテイメント性はさて置いて、しっかりと勝点3獲得の義務は果たしたので、まあ良しとするべきですかね。

               

              でもやはり、次のタジキスタン戦では面白い試合が観たいなぁ。。

               

               

               

              ★サッカーとファッションを愛するあなたへ!

              ⇒ https://www.gravitation.jp

               

               


              【gravitation × ホペイロ中島】サッカーLINEスタンプ『 Football World II 』発売中!!

              0

                 

                 

                 

                 

                きちんと告知するタイミングをすっかり逸していましたが、、gravitationのサッカーLINEスタンプの続篇『 Football World II 』が完成しました!

                 

                作画は引き続き、人気のサッカーイラストレーター ホペイロ中島さん(https://www.instagram.com/roupeiro_nakajima/)が担当。

                 

                登場キャラクターが大幅に増え、イレブンが揃い踏みとなりました!

                今回もキャラのネーミングはもちろん、ポジション、国籍、プレースタイル、性格などの細かい設定を無駄に作っています。

                わりと実在の選手をモデルにしていますので、サッカー好きの方からすれば元ネタは一目瞭然でしょうね(笑)。

                 

                 

                観戦トークはもちろん、前作よりも日常会話にも便利に使えるよう、さらなる進化を遂げた内容になっています!!

                 

                LINEストアに好評発売中です!!

                 

                 

                ★LINEスタンプ『Football World II』

                https://store.line.me/stickershop/product/7953576/ja

                 

                 


                コンパクトでも収納力抜群。サッカー観戦用にも最適な『gravitation ボディバッグ』発売!

                0

                   

                   

                   

                   

                  デザイン性と実用性を兼ね備えたボディバッグがリリース開始となりました!

                   

                  耐久性が高いポリエステル生地は、撥水加工が施されており、汚れが落ちやすいのも特徴。また、身体に接するバッグ背面部はメッシュ素材を使用し、快適さを確保しています。内部には便利なポケットも装備。コンパクトでありながらも侮れない収納力を誇ります!

                   

                  今年、ACL観戦のためブリーラムに遠征した際、こちらの試作品を所持して使用感を確認したのですが、パスポートケースと500mlペットボトルがしっかり収まり、かなり重宝しました。海外旅行用としても便利に使えたのは大きな発見でした。

                  もちろん、タウンユースやスタジアム観戦用にも最適ですよ!!

                   

                   

                  ★『gravitation ボディバッグ』ブラック

                  https://www.gravitation.jp/?pid=145908775

                   

                  ★『gravitation ボディバッグ』ヘザーチャコール

                  https://www.gravitation.jp/?pid=145908685

                   


                  サッカー、フットサルを始めとした様々なスポーツシーンで!『ボールロゴ ドライTシャツ』発売!!

                  0

                     

                     

                    2019秋冬アイテム第1弾は、高い吸汗速乾性能と紫外線カット機能を併せ持つドライTシャツ!

                    酷暑が終わり、体を動かしやすくなる”スポーツの秋”の到来に合わせてのリリースです。

                     

                    プレイヤー向けアイテムの制作時はいつも「強そうに見える」ことを念頭にデザインを起こします。抑えの効いたカラーリングでクールな佇まいに仕上げたのもその点を意識してのことです。着こなしやすいシンプルなプリントも大きな特徴。

                     

                    サッカー、フットサルを始めとした様々なスポーツシーンでぜひ!!

                     

                     

                     

                    ★『ボールロゴ ドライTシャツ』

                    ガンメタル

                    ⇒ https://www.gravitation.jp/?pid=145590123

                     

                     

                    ★『ボールロゴ ドライTシャツ』

                    ネイビー

                    ⇒ https://www.gravitation.jp/?pid=145590057

                     

                     

                    ★『ボールロゴ ドライTシャツ』

                    ホワイト

                     https://www.gravitation.jp/?pid=145589997

                     

                     


                    <ACL2019>ブリーラムユナイテッド vs 浦和レッズ 観戦記ァ攀国篇】

                    0

                       

                       

                      旅最終日 2019年5月8日(水)。ACLの観戦を終え、あとはブリーラムからバンコクを経由して帰国するのみです。

                       

                      昼前にホテルをチェックアウト。さて、バンコクに戻る便に乗るため、ブリーラム空港に向かわなくてはならないのですが… またもや移動手段のことを全く考えていませんでした。。同じホテルに宿泊していた浦和サポの多くは、予め空港行きのクルマを手配していた様子。どうしたものかと困り、フロントのスタッフに相談していると、そのやりとりを見ていたベテランサポーターの男性が声をかけてくれ、自分たちの手配したクルマに同乗させてくださいました!

                      本当に有り難く、心に残る出来事でした。こういったちょっとした出会いや交流が旅の醍醐味ですね。

                       

                       

                      ブリーラム空港での待ち時間、暇つぶしに、構内にあるブリーラムユナイテッドのショップを見ていると、急にレプリカユニフォームが欲しくなり、思わず衝動買いをしてしまいました。価格は520バーツ。日本円でなんとたったの1800円ほど!かなりリーズナブルな買い物でした。

                       

                       

                      13:50発のエアアジア FD3521便に搭乗。1時間のフライトで無事バンコク ドンムアン空港へと戻りました。

                      ここから成田に帰る便は日付をまたいだ深夜00:45発。まだ8時間も先です。ギリギリの時間まで旅を楽しもうと思い、空港の荷物預かり所にバッグを預けると、軽装備でバンコクの街へと繰り出しました。

                       

                       

                       

                      サッカーファンならこのロゴマークを見ただけでワクワクしますよね

                       

                       

                      まず向かった先は、サッカー好きにはお馴染みの免税店キングパワー。施設内にはレスターシティのオフィシャルショップがありますが、今回はネタとして写真を撮ってソーシャルメディアに上げただけで(笑)先を急ぎました。

                      本命の目的地はBTSナショナルスタジアム駅の南側にあるという、サッカーショップ街。ガイドブックには掲載されることのないマニアックなエリアです。

                       

                       

                       

                      スタンダードなタイ料理のメニューも充実していて、どれも美味しいソンブーン

                       

                       

                      ナショナルスタジアムに出て、駅からサッカーショップ街のある南方向への道を歩いていると、偶然、シーフードレストランの老舗、ソンブーン本店の脇に出ました。プーパッポンカレー(カニのカレー炒め)発祥の有名店です。16時という中途半端な時間でしたが、昼食がまだだったので、そこで腹ごしらえをすることにしました。

                      オーダーしたのは、空芯菜炒めと、エビチャーハンにコーラ。ささやかでしたが、とても美味しく、満足な食事でした。

                       

                       

                       

                      サッカー用品店街周辺は昔ながらのまちの風景が残っていました

                       

                       

                       

                       

                      こちらの店舗でタイの国技 セパタクローのボールを購入しました

                       

                       

                      食事を終え店の外に出ると太陽はビルの陰に隠れ、随分と涼しくなっていました。

                      ちょっと歩くと目的のサッカーショップが集まる一角に出ました。小さな路面店から大型店舗まで多くの店が軒を連ねており、置かれている商品も多種多様。日本では絶対に目にすることのない、タイのクラブチームのユニフォームの数々が珍しく、かぶりつきで見入ってしまいました。

                      発展目覚ましいバンコクですが、このサッカーショップ街周辺は昔ながらの雰囲気を留めていました。下町情緒のある街並みがどこか懐かしく、町歩きとしても充分に楽しめました。

                       

                       

                      じわじわと帰国の時間が迫ってきました。

                      その後は、ターミナル21でTシャツを物色し、サイアムパラゴンでお土産品を購入。最後にフットマッサージで旅の疲れを癒したところで、ぴったりタイムリミット。22時頃、市街からバスに飛び乗り、急いでドンムアン空港へと戻りました。

                       

                       

                       

                      経済が伸び行くタイを象徴するかのように、ドンムアン空港は深夜も明るく、多くの人で溢れていました

                       

                       

                      空港に戻るとチェックインカウンターは大行列。搭乗手続きに思いの外時間を取られてしまいました。夜食を取り、少しだけお土産ショップを覗き見しましたが、すぐに搭乗となり、旅の余韻に浸る間もなく、慌ただしくバンコクを後にしました。

                      機内で爆睡を決め込んでいると、あっという間に成田に到着。旅の終わりは実にあっけないのものです。。

                      帰宅し、荷物を置いてシャワーを浴びた後、気持ちを切り替えてすぐに仕事場へと向かいました。

                       

                       

                      たった2泊4日の日程でしたが、本当に盛りたくさんの旅でした。東南アジアでサッカーを観たいという長年の悲願をついに達成し、大きな充足感を得ることができました。今回の旅で得たモチベーションやインスピレーションを今後、gravitationのプロダクトに活かしていければと思います!!

                       

                      旅最終日の出費は下記の通りです。現地で1万5千円しか両替しませんでしたが、手持ちのバーツと合わせてギリギリ乗り切りました。

                      まとめとして旅のトータル予算も記しておきます。今後ブリーラムに行かれる方の、何らかの指針になれば幸いです。

                       

                       

                      <最終日の出費>

                       

                      ブリーラム空港までの乗合ワゴン

                      250THB

                       

                      ブリーラムユナイテッド レプリカユニフォーム

                      520THB

                       

                      バス運賃

                      60THB

                       

                      荷物預かり所

                      75THB

                       

                      BTS(高架鉄道)1日券

                      140THB

                       

                      セパタクローのボール

                      100THB

                       

                      チャーハン・青菜炒め・コーラ(昼食)

                      435THB

                       

                      お土産(ドライフルーツ・お菓子・ハーブティー・ナッツ類など)

                      1181THB

                       

                      フットマッサージ

                      350THB

                       

                      ドンムアン空港のレストランでパッタイ(夕食)

                      110THB

                       

                      雑費(飲料・お菓子など)

                      211THB

                       

                      ◎合計金額  3,432THB

                      ※1THB(タイバーツ) = 3.5円程度

                       

                       

                       

                      <旅のトータル費用>

                       

                      航空券(成田/バンコク往復 + バンコク/ブリーラム往復)

                      39,707円

                       

                      宿泊費(バンコク1泊 + ブリーラム1泊)

                      10,620円

                       

                      ポケットwifi レンタル料

                      2,700円

                       

                      旅のお小遣い

                      22,897円(882円 + 6290THB)※1THB = 3.5円で計算

                       

                      ◎合計金額  75,924円

                       

                       

                       

                      今回の戦利品。ブリーラムユナイテッドのユニフォームはこの旅を象徴する思い出の品となりました

                       

                       

                      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                      またこういった機会がありましたら、レポートしたいと思います!!

                       

                       

                       

                       

                      ★Tシャツをメインに多彩なアイテムを展開!<gravitation>WEBサイトが新しくなりました!!

                      ⇒ https://www.gravitation.jp

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM