[ACL2019 決勝戦]浦和レッズvsアルヒラルを観戦してきました。

0

     

     

    浦和にとって2年ぶり、そして通算3度目のアジアタイトルが懸かった運命の一戦を埼玉スタジアムで観戦しました!

     

    アウェイ サウジアラビアで行われた1stレグの結果は0-1。

    それを踏まえての浦和の戦い方は、まずは絶対に失点しないこと。そして90分間をフルに使って1点を奪い、イーブンな状況に持っていくこと。

    ホームのアドバンテージを活かして、延長戦も視野に入れた戦いの中で、2点目を奪えればOK。

    …そんな状況整理と自分なりのゲームプランを思い描きながら、スタジアムへの道中を急ぎました。

     

     

     

     

    ファイナルならではの独特の空気感がたまりません

     

     

     

    サウジアラビアからも多くのサポが駆けつけ声援を送りました

     

     

    スタジアム周辺はものすごい人。最近の浦和の試合の観客数は3万人ぐらいが平均となっていますが、さすがにこの試合のチケットは完売でスタジアムは満員でした。

    そして驚いたのはアルヒラルサポーターの多さです。

    この試合のためにサウジアラビアの皇太子がチャーター機4台を用意したという話をネットで見ましたが、それが事実であることが確認できました。

     

     

    感動すら覚える素晴らしいビジュアルで選手をサポート

     

     

    運命のキックオフ。

    両者とも慎重な立ち上がりとなりましたが、徐々に展開はアルヒラルのペースに。

    浦和は橋岡と関根がシュートを放つシーンがありましたが、どちらも得点には至らず。それ以外は多くのピンチにさらされ、守勢に回る時間帯が続きました。

    それでも相手の猛攻に耐え続け、前半を0-0で折り返しました。

     

     

    後半になっても浦和が守備に追われる苦しい状況は変わらず。

    後方でしかボールが回らず、攻撃の糸口を見出せぬまま、時間がじりじりと経過して行きました。

     

    何とか1点を取るべく、長澤、ファブリシオに替えて送り込まれたのは、長期離脱から復帰したばかりの柏木陽介と、シーズンを通じて結果を出せていない杉本健勇。

    試合の流れを変えられる攻撃的なプレイヤーがベンチに控えていないのも今の浦和の苦しいところで、やはり事態は好転しませんでした。

     

    そして後半29分、浦和を絶望の淵に突き落とすアルヒラルのアウェイゴールが決まってしまいました。

    左サイドで関根がぶっちぎられピッチに倒れ込んだ姿は、相手とのチカラの差を象徴しているかのようで、深く印象に刻まれました。

     

    さらにロスタイムにダメ押しの2点目を決められてしまう。

    すると周囲の観客たちが一斉に席を立ち、ゾロゾロと帰り始めました。

    こういった試合なので、レジャーとして観戦に来ている人が多いのは仕方ないでしょうが、その光景はいちサッカーファンとして、とても胸が痛むものでした。。

     

     

    試合はそのまま0-2で終了。

    トータルスコア0-3でアルヒラルが完全勝利。見事アジア王者の栄冠を手にしました。

     

     

     

    アルヒラルは12月開催のクラブワールドカップ出場権を獲得

     

     

     

    歓喜に沸くアルヒラルサポに対して浦和サポは拍手を送りました

     

     

    スタジアムのゲートを出て、広場まで来ると、そこかしこでアルヒラルサポーターと浦和サポーターたちが、お互いの健闘を称え合い交流している姿を目にしました。

     

    やっぱりACLはいいなぁ。と思いながらそんな光景を眺めていたら、なぜか無性にビールが飲みたくなったので(普段はスタジアムやその周辺で飲む習慣がないのですが)素直に本能に従いました(笑)。

    ベンチに腰掛け、長かったこれまでの戦いや、今年のいちばんの思い出となっているブリーラムへの遠征のことなどを思い起こしながら、ゆっくりと味わったその一杯は格別の味でした。

    人の波が引き、広場の屋台が撤収を始めた頃、浦和美園駅へと歩き始めました。


     

    残念ながら優勝を逃した浦和ですが、アジア2位は胸を張れる素晴らしい成績です。

    グループリーグからトーナメントのファイナルまで、ACLの全ての試合を戦い抜き、サポーターをここまで連れてきてくれた選手、クラブスタッフたちには心から感謝を述べたいと思います。

    シーズンを通してACLのゲームはどれも痺れる内容で本当に楽しかった!

     

    そして浦和にはプライドを懸けた真剣勝負がまだ残っています。

    J1残留を争うリーグ残り2試合は間違いなく熱い戦いになるはず。

    こちらも楽しみで仕方ありません!!

     

     

     

    ★サッカーとファッションを愛するあなたへ!

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM