<ACL2019>ブリーラムユナイテッド vs 浦和レッズ 観戦記【ブリーラム篇(前篇)】

0

     

     

     

    gravitation『エレファントTシャツ』

    旅を愛するサッカーファンにおすすめです!

     

     

    いよいよ試合観戦の日、2019年5月7日(火)を迎えました。

     

    10:00ごろホテルをチェックアウトし、BTSとバスを乗り継いでドンムアン空港へ。

    12:25発のエアアジア3520便でブリーラムへと飛びました。

     

     

    ブリーラムは、カンボジアとも国境を接する、バンコクの東北およそ400kmに位置します。

    知り合いのタイ人から雑に聞いたのですが、10年ほど前に、地元出身の有名な嫌われ者の政治家が私財を投げ打ち、何もない田舎に設立したのが、ブリーラムユナイテッドなのだそうです。そこから町は発展を遂げ、さらには2014年にサーキット場もオープンし、スポーツツーリズムの町として、今のようなにぎわいになったとのことです。

     

     

     

    小さな町の小さな空港に大勢の浦和サポーターがやってきました

     

     

    ブリーラムに無事到着し、空港に一歩降り立つとバンコク以上の凄まじい暑さに驚きました。こんな気候でサッカーができるの!? と、今夜の試合のことが心配になるほどでした。

    それにしても、空港内は笑ってしまうほど浦和サポーターだらけ。もはや海外にいる感じはしませんでした。

     

     

    さて、実は空港からホテルへの移動手段がまったく分かりません。。

    ひとまず、空港の建物の外に出ると、白いワゴンが何台か停まっていました。すぐに乗合タクシーだと分かったので、ドライバーらしきおじさんに声をかけてみると、行き先は町の中心である市内のバスターミナルとのこと。

    「チャーンアリーナ(ブリーラムユナイテッドのホームスタジアム)に行きたい」と伝えると、「チャーンアリーナ目の前のホテル、ブリーラムユナ一テッドにも立ち寄る」との返答。

    今夜の宿泊先からも近い場所だったため、喜んで乗車することにしました。苦労するだろうと覚悟していた移動の足があっさり見つかったのは幸運でした。

     

     

    荒涼とした風景を走ること30分ほどで目的地に到着。

    料金100バーツを支払い、ワゴンを降りると、目の前には、本日の試合が行われるチャーンアリーナがそびえ建っていました。はやる気持ちを抑えて、まずはチェックインのためホテルへと向かいました。

     

     

     

    ずっと見ていて飽きない窓からの景色

     

     

    ブリーラムでの宿は、モデナ・バイ・フレイザー・ブリーラム。

    周囲にはスタジアムとその関連施設以外は何もありませんが(セブンイレブン、マクドナルド、ケンタッキーはあります)観戦後に歩いて戻ってこられるという理由でこちらを選びました。

    部屋は明るく清潔感があり、モダンなインテリアでとても落ち着く感じでした。そして何よりも、窓のすぐ外にチャーンアリーナが見えることに感激しました!

     

    時計に目をやると15:00過ぎ。バンコクからの移動で体力を消耗したこともあり、涼しい部屋でしっかり休憩を取ることにしました。

     

     

     

     

    濃いブルーの外観が美しいチャーンアリーナ

     

     

    16:00頃、意気揚々とチャーンアリーナへと向かいました。

    見事なほど周りに何もない空間に建っているためか(笑)その姿は、堂々とした威厳を感じさせました。見上げると気持ちの良い青空。これからここで試合を観るのだという実感が急に込み上げてきてワクワクしてきました。

     

    スタジアムの脇にはちょっとした店舗街があり、レストランも数件軒を連ねていました。その中から入りやすそうな麺の店を選び、遅めの昼食を取ることにしました。選んだメニューは今日もアヒルチャーシューとワンタンがトッピングされたタイラーメン。アイスティーもオーダーして、会計は95バーツ。ちょっとした食事が安く済むのはタイのありがたいところです。

     

     

     

     

    とても簡易的な観戦チケット

     

     

    店から出て、スタジアム周辺をブラブラ歩いた後、観戦チケットを購入しました。

    韓国でACLを観た時と同じく、普通に当日券を窓口で買うことができました。(中国の時は事前に日本で引換券を購入するなど面倒でした。。)

    料金は400バーツ。手渡されたのは、A4コピー用紙にモノクロプリンターで印字したとても簡素なものでした。本当にこれで入場できるのかな??と思ってしまうクオリティ。こんなの初めてです。。。

     

     

     

    観戦の思い出にブリーラムユナイテッドのステッカーを購入しました

     

     

    ブリーラムユナイテッドのオフィシャルショップにも潜入してみました。

    レプリカユニフォームの他にも、カジュアルなTシャツや小物など幅広い品揃え。意外なことに、どれもデザインが優れていて、オフィシャル特有のベタな感じは抑えつつオシャレに作ってありました。うーむ、勉強になります(笑)。

     

     

     

    いよいよ観戦!期待で胸が高鳴ります

     

     

    そうこう過ごしている間にキックオフの時間が迫ってきました。

    浦和サポのチャントが聞こえてきたのを合図に、アウェイスタンドのゲートをくぐりました。

     

     

     

    …けっこう長くなってしまいましたので、ここまでを前半として区切り、残りは後半として改めて書きます。

    次回、ブリーラム篇△悗搬海ます!

     

     

     

     

    ★ファッションにこだわるサッカーファンへ!<gravitation>WEBサイトが新しくなりました!!

    ⇒ https://www.gravitation.jp

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM