<ACL2019>ブリーラムユナイテッド vs 浦和レッズ 観戦記ぁ撻屮蝓璽薀猜(後篇)】

0

     

     

    いよいよスタジアムに入場。

    すると、浦和のクラブスタッフの方に声をかけられ、なんとスタンドへの飲料の持ち込みは不可との説明を受けました。

    観戦者は皆、コンコースに用意されたテーブルの上に、各自印をつけて飲み物を置き、その場所に戻って、水分補給をしなければなりませんでした。熱中症が心配される気候の中、このルールはとても酷で面倒なものでした。。

     

     

    さて、気を取り直して、コンコースを抜けスタンドへ。

    外観は立派に見えたチャーンアリーナですが、スタンドのベースは、埼玉スタジアムの様なコンクリート仕様とは異なり、鉄板で組まれた簡素な作りでした。

    アウェイのエリアはゴール裏ではなく、コーナーフラッグの延長線上の区画。そして、ホーム ブリーラムユナイテッドのメインサポーターが陣取るのはバックスタンド中央でした。所変われば、随分と勝手が違うものです。

     

    キックオフが迫り、陽が傾いてくると、日中に比べていくらか涼しくなってきました。スタンド上部では風も感じられましたが、ピッチ近くは熱がこもっているのが分かりました。

    この暑さだけでも選手たちは相当苦しむだろうと思っていましたが、試合の主導権を握ったのはアウェイの浦和でした。

     

     

     

     

    ピッチにはしっかり照明が当たっていましたが、スタンドは暗め。そのコントラストに東南アジアらしい風情を感じました

     

     

    試合開始直後、幸先よく興梠が先制!

    ミスが絡んですぐに同点にされたものの、武藤のゴールで再びリード!

    心配された酷暑の中でのゲームでしたが、展開は終始浦和ペース。

    自分たちがボールを保持するとによって、守備に奔走することなく、体力の消耗を回避できていたことが大きかったと思います。

    その後もチャンスを作り続けた浦和が、そのまま 2-1のスコアでブリーラムユナイテッドを撃破!

    難しいアウェイゲームでの勝点3獲得は、グループステージを勝ち上がるためにも非常に価値あるものでした。

     

     

     

     

    酷暑の戦いを制し勝点3をゲット! 応援する側も汗だくでした

     

     

    敵地で気持ち良く「We are Diamonds」を歌い終え、帰り支度を始めていると、ブリーラムユナイテッドのサポーターが拡声器で「サヨナラ!」「See you Next Year !!」と、なんとも温かい言葉を浦和応援席にかけてくました。

    そして、皆がそれに対して拍手で応えた場面は、この遠征の忘れがたい思い出となりました。きっとまた来るよ!

     

     

     

     

    90分間熱心に応援を続けたブリーラムの愛らしいサポーターたち

     

     

    試合後、スタジアム外の駐車場付近でスマホをいじっていると、現ブリーラムユナイテッド所属、かつて浦和レッズでも活躍していた細貝萌選手にバッタリと遭遇し、驚きました。本日の試合にはベンチ入りしていませんでしたが、日本を離れ、このブリーラムで選手生活を続けていることを想うと、何とも言えない感慨を覚えました。

     

    そんなこともありつつ、試合の余韻に浸りながらスタジアム周辺をブラブラと見て歩いた後、宿泊先のモデナ・バイ・フレイザー・ブリーラムへと戻りました。

     

     

     

     

    スタジアムの周辺は何もないため、ホテルまで帰る道中は漆黒の闇でした

     

     

    さてさて、お楽しみの旅先での夕食は、手軽にホテルのレストランで済ませることにしました。

    ガラス張りの広々とした店内は冷房も効いていましたが、外の座席はライトアップされたプールに面しており、気持ち良い空間だったので、迷いなくそちらのテーブルに着きました。

     

     

     

     

    旅先で呑むビールは最高!勝利の美酒ともなればことさら格別です!!

     

     

    ひとまず、チャーンビールで祝杯!

    フードは、野菜炒めと、甘酢あんのかかったシーバスフライをオーダーしました。どちらも美味しく、ビールが進みました。

    思い出してみると、過去にソウル、上海で、浦和のACLのゲームを観たことがありましたが、どちらも負け試合。海外遠征で勝った試合を観たのはこれが初めてでした。改めてブリーラムの夜に乾杯!!(笑)

     

    今朝までバンコクにいたことを振り返ると、本当に慌ただしく、とても長い1日でした。

    無事に今回の旅の目的を果たせたことに大満足。ゆっくりとビールを呑みながら、ハッピーな気分に浸りつつ、ブリーラムの夜はふけていきました。

     

     

     

    本日の出費は下記の通りです。

    ホテルでの食事がいくらか高くつきましたが、バンコクに戻ったらお土産を買うぐらいのバーツはまだ手元に残っています。

     

     

    <2日目の出費>

     

    バス運賃

    30THB

     

    ドンムアン空港売店(水・お菓子など)

    60THB

     

    乗合ワゴン(昼食)

    100THB

     

    昼食(ラーメン・ドリンク)

    95THB

     

    ブリーラムユナイテッドのステッカー

    60THB

     

    観戦チケット

    400THB

     

    コンビニ(飲物・お菓子など)

    177THB

     

    夕食(ホテルのレストランにて)

    690THB

     

     

    ◎合計金額 1,612THB

    ※1THB(タイバーツ) = 3.5円程度

     

     

    さて、観戦の目的は果たしましたが、バンコクに戻ってそこから帰国するまでの道中も書き綴りたいと思います。

    次回、最終章 帰国篇へと続きます!!

     

     

     

     

     

    ★サッカーを愛する人のためのファッションブランド<gravitation>WEBサイトが新しくなりました!

    ⇒ https://www.gravitation.jp

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM