<ACL2019>ブリーラムユナイテッド vs 浦和レッズ 観戦記ァ攀国篇】

0

     

     

    旅最終日 2019年5月8日(水)。ACLの観戦を終え、あとはブリーラムからバンコクを経由して帰国するのみです。

     

    昼前にホテルをチェックアウト。さて、バンコクに戻る便に乗るため、ブリーラム空港に向かわなくてはならないのですが… またもや移動手段のことを全く考えていませんでした。。同じホテルに宿泊していた浦和サポの多くは、予め空港行きのクルマを手配していた様子。どうしたものかと困り、フロントのスタッフに相談していると、そのやりとりを見ていたベテランサポーターの男性が声をかけてくれ、自分たちの手配したクルマに同乗させてくださいました!

    本当に有り難く、心に残る出来事でした。こういったちょっとした出会いや交流が旅の醍醐味ですね。

     

     

    ブリーラム空港での待ち時間、暇つぶしに、構内にあるブリーラムユナイテッドのショップを見ていると、急にレプリカユニフォームが欲しくなり、思わず衝動買いをしてしまいました。価格は520バーツ。日本円でなんとたったの1800円ほど!かなりリーズナブルな買い物でした。

     

     

    13:50発のエアアジア FD3521便に搭乗。1時間のフライトで無事バンコク ドンムアン空港へと戻りました。

    ここから成田に帰る便は日付をまたいだ深夜00:45発。まだ8時間も先です。ギリギリの時間まで旅を楽しもうと思い、空港の荷物預かり所にバッグを預けると、軽装備でバンコクの街へと繰り出しました。

     

     

     

    サッカーファンならこのロゴマークを見ただけでワクワクしますよね

     

     

    まず向かった先は、サッカー好きにはお馴染みの免税店キングパワー。施設内にはレスターシティのオフィシャルショップがありますが、今回はネタとして写真を撮ってソーシャルメディアに上げただけで(笑)先を急ぎました。

    本命の目的地はBTSナショナルスタジアム駅の南側にあるという、サッカーショップ街。ガイドブックには掲載されることのないマニアックなエリアです。

     

     

     

    スタンダードなタイ料理のメニューも充実していて、どれも美味しいソンブーン

     

     

    ナショナルスタジアムに出て、駅からサッカーショップ街のある南方向への道を歩いていると、偶然、シーフードレストランの老舗、ソンブーン本店の脇に出ました。プーパッポンカレー(カニのカレー炒め)発祥の有名店です。16時という中途半端な時間でしたが、昼食がまだだったので、そこで腹ごしらえをすることにしました。

    オーダーしたのは、空芯菜炒めと、エビチャーハンにコーラ。ささやかでしたが、とても美味しく、満足な食事でした。

     

     

     

    サッカー用品店街周辺は昔ながらのまちの風景が残っていました

     

     

     

     

    こちらの店舗でタイの国技 セパタクローのボールを購入しました

     

     

    食事を終え店の外に出ると太陽はビルの陰に隠れ、随分と涼しくなっていました。

    ちょっと歩くと目的のサッカーショップが集まる一角に出ました。小さな路面店から大型店舗まで多くの店が軒を連ねており、置かれている商品も多種多様。日本では絶対に目にすることのない、タイのクラブチームのユニフォームの数々が珍しく、かぶりつきで見入ってしまいました。

    発展目覚ましいバンコクですが、このサッカーショップ街周辺は昔ながらの雰囲気を留めていました。下町情緒のある街並みがどこか懐かしく、町歩きとしても充分に楽しめました。

     

     

    じわじわと帰国の時間が迫ってきました。

    その後は、ターミナル21でTシャツを物色し、サイアムパラゴンでお土産品を購入。最後にフットマッサージで旅の疲れを癒したところで、ぴったりタイムリミット。22時頃、市街からバスに飛び乗り、急いでドンムアン空港へと戻りました。

     

     

     

    経済が伸び行くタイを象徴するかのように、ドンムアン空港は深夜も明るく、多くの人で溢れていました

     

     

    空港に戻るとチェックインカウンターは大行列。搭乗手続きに思いの外時間を取られてしまいました。夜食を取り、少しだけお土産ショップを覗き見しましたが、すぐに搭乗となり、旅の余韻に浸る間もなく、慌ただしくバンコクを後にしました。

    機内で爆睡を決め込んでいると、あっという間に成田に到着。旅の終わりは実にあっけないのものです。。

    帰宅し、荷物を置いてシャワーを浴びた後、気持ちを切り替えてすぐに仕事場へと向かいました。

     

     

    たった2泊4日の日程でしたが、本当に盛りたくさんの旅でした。東南アジアでサッカーを観たいという長年の悲願をついに達成し、大きな充足感を得ることができました。今回の旅で得たモチベーションやインスピレーションを今後、gravitationのプロダクトに活かしていければと思います!!

     

    旅最終日の出費は下記の通りです。現地で1万5千円しか両替しませんでしたが、手持ちのバーツと合わせてギリギリ乗り切りました。

    まとめとして旅のトータル予算も記しておきます。今後ブリーラムに行かれる方の、何らかの指針になれば幸いです。

     

     

    <最終日の出費>

     

    ブリーラム空港までの乗合ワゴン

    250THB

     

    ブリーラムユナイテッド レプリカユニフォーム

    520THB

     

    バス運賃

    60THB

     

    荷物預かり所

    75THB

     

    BTS(高架鉄道)1日券

    140THB

     

    セパタクローのボール

    100THB

     

    チャーハン・青菜炒め・コーラ(昼食)

    435THB

     

    お土産(ドライフルーツ・お菓子・ハーブティー・ナッツ類など)

    1181THB

     

    フットマッサージ

    350THB

     

    ドンムアン空港のレストランでパッタイ(夕食)

    110THB

     

    雑費(飲料・お菓子など)

    211THB

     

    ◎合計金額  3,432THB

    ※1THB(タイバーツ) = 3.5円程度

     

     

     

    <旅のトータル費用>

     

    航空券(成田/バンコク往復 + バンコク/ブリーラム往復)

    39,707円

     

    宿泊費(バンコク1泊 + ブリーラム1泊)

    10,620円

     

    ポケットwifi レンタル料

    2,700円

     

    旅のお小遣い

    22,897円(882円 + 6290THB)※1THB = 3.5円で計算

     

    ◎合計金額  75,924円

     

     

     

    今回の戦利品。ブリーラムユナイテッドのユニフォームはこの旅を象徴する思い出の品となりました

     

     

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    またこういった機会がありましたら、レポートしたいと思います!!

     

     

     

     

    ★Tシャツをメインに多彩なアイテムを展開!<gravitation>WEBサイトが新しくなりました!!

    ⇒ https://www.gravitation.jp

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM